必見!ナース人材バンクの求人数が多い東京、大阪の求人数比較

MENU

ナース人材バンクの求人数が多い東京、大阪の求人数比較

ナース人材バンク7
ナース人材バンクの求人数が多い東京ですが、必ずしも現状において
雇用する側と雇用される側がマッチングしているとは言えません。

 

人口が多い東京でなぜ、このようなミス・マッチングが起こるのか。
これは、雇用する側の、雇用しようとする人材に対するリサーチ不足が決定的な原因です。
はたして、雇用される側に立って採用条件を見直しているか?雇ってやる、そんな上から目線では
集まる人材もあつまりません。むしろ、どうしたら、ナース人材バンクに登録が増えていくだろうか、
雇用者側に立って考える必要があります。
賃金をはじめとする雇用形態。正規なのか、非正規なのか。通勤手当や家族手当など、採用後に
その人材が頑張ってくれる、そんな「材料」がどれだけ準備できるかなど、考えを見直す部分は多々あります。
それによって求人数も増え、採用する側は、よりたくさんの人材(財)のなかから、採用する人数を検討できる
というものです。

 

一方、大阪のナース人材バンクの求人数はどうでしょう。
東京に比べて、大阪のナース人材バンクの求人数は人口比から言っても低い訳ですが
そこは大阪人の昔からの商人としての知恵が根づいています。
ナース人材バンクの求人数は、少なくともマッチング数では定評がある、とするならば
やはり、そこは知恵です。雇用しようとする人材に対するリサーチが行き届いている結果です。
シビアに、そしてキチンと雇用される人材のことを考えて求人票や、求人登録をすること、
これが人と企業(ナース人材バンク含む)を結びつける第一歩です。

 

いづれにしても、自分自身に置き換えて考えてみるとわかりやすいと思います。
雇う側なら、やはり優れた人材(財)をひとりでも多く雇いたい、会社(または病院)でやる気に溢れる
気持ちで仕事に就いて欲しいと願うもの。

 

雇われる側でしたら、この会社(病院)で働きたい、と思う、賃金をはじめとする雇用形態や福利厚生に至るまで
愛着を持てる会社(病院)を選びたいところです。

 

いずれにしても、案外身近なところに上記のヒントがあるのかもしれませんね。